• ホーム
  • アナリティクスを使いこなせ!ユーザーニーズを知れ!

アナリティクスを使いこなせ!ユーザーニーズを知れ!

アナリティクスではサイトへの流入経路やアクセスユーザー数の推移、行動フローなどの情報を見ることができます。大手検索エンジンのGoogleが提供しているサービスですので、非常に信頼が置けるアクセス解析ツールだといえるでしょう。アナリティクスのアクセス解析データをもとにサイト改善を行っていけば、無駄なくSEO対策を行うことができます。
アナリティクスは無料で利用することが可能ですから、サイトを運営しているのならぜひ登録を行っておきましょう。まずGoogleアカウントを所有していない場合は、新規に作成する必要があります。Googleアカウントを登録し、アナリティクスの利用を開始したら次にサイト内へトラッキングコードの設置を行います。このトラッキングコードは、サイトからデータを収集してアナリティクス側に送信するという重要な役割があります。正しく設置を行わないと、データが送信されずアナリティクスを利用することができません。設置が完了するとデータの計測がスタートし、アナリティクス上に表示されるようになります。
アナリティクスの利用を開始したら、どんなデータに注目をしてサイト改善を行っていくべきでしょうか。最初に見ておきたいのは、流入経路に関する具体的なデータでしょう。検索エンジン経由で訪れるユーザーがどの程度いるのか、もっとも流入数が多い時間帯はいつか、などのデータを見ていけば重視すべきSEO対策が見えてきます。
行動フローの項目からは、利用者がサイト内でどう動いたか、という情報を確認することが可能です。訪問からサイト離脱までの流れを視覚的に把握できる内容となっているため、サイトの目標達成に何が必要なのかを知ることができます。たとえば最終的に誘導したいページがある場合、そこに到達する前に離脱を招いているページが見つかれば、改善によって目標達成率を向上することができるでしょう。
コンバージョンを設定すれば、利用者の内何%が最終的な目標達成に至ったのか、というデータを簡単に計測することが可能です。コンバージョン率と流入経路を比較すれば、目標達成に至りやすいターゲットの属性も明確になってくるでしょう。
サイトに関わるありとあらゆる情報を無料でチェックすることができるのですから、利用しない手はありません。アナリティクスが提供するアクセス解析情報を分析して、効率的にサイト改善を進めていきましょう。