• ホーム
  • サーチコンソールを使いこなせ!内部リンクやキーワードをチェック!

サーチコンソールを使いこなせ!内部リンクやキーワードをチェック!

サイトに関するデータを分析すれば、運営手法を改善したり、効果的にSEO対策を行うことが可能となります。サイトに関わる様々なデータを確認する際に、非常に役立つのがサーチコンソールです。サーチコンソールを活用すれば、SEO対策に関わるあらゆるデータを簡単にチェックすることができます。
たとえば外部リンクや内部リンクがどのページにどれだけ集中しているのか、といった点も即時に把握が可能です。重要なページにきちんと内部リンクが集まっているか、リンク元テキストはどうなっているのか等、あらゆるデータを様々な側面から簡単にチェックすることができるのです。
有効なインデックス登録数の推移や、クロールエラーの状況なども確認することができます。インデックスされていないページを発見したり、対処すべきエラーを見つけ出すのも簡単です。サイトマップを登録しておけば、サイト内に存在しているページをくまなくクロールしてもらうことが可能となります。
検索クエリのデータからはキーワードと表示回数、クリック率などを日別にチェックすることができます。それぞれの検索クエリおよびキーワードについて表示回数とクリック率の比較を行えば、ページタイトルを改善するべきかどうか、という点が見えてくるでしょう。
またサーチコンソールには、モバイルユーザービリティに関する項目も用意されています。検索エンジンが順位決定の一要素として重視している、モバイルへの対応状況についても確認することができるのです。もしも、モバイルユーザービリティに問題が生じていたら、サーチコンソールはその内容を的確に指摘してくれます。
クロールエラーやユーザービリティの問題に対処をしたら、Fetch as googleを通して再クロールを依頼することが可能です。Fetch as googleの項目をクリックし、クロールして欲しいページのアドレスを入力すれば、再インデックスを促すことができます。
スパムサイトから不審なバックリンクが送られている、といった場合にもサーチコンソール上からリンク否認を行えば手動ペナルティを受けることはありません。リンク否認による対処が遅れてしまい、手動ペナルティを受けることになった場合もサーチコンソール上から再審査リクエストを行うことができるため安心です。
サイトを開設したらサーチコンソールにサイトマップを送信して、すぐにデータの取得を開始しましょう。