• ホーム
  • バックリンクについての知識を身に着けよう

バックリンクについての知識を身に着けよう

ノートPCのキーボードで入力する女性の手

SEOを攻略するためには、バックリンクに関する知識が欠かせません。バックリンクとは外部のサイトから貼られているリンク、つまり被リンクのことでありサイトの評価に大きく関わる重要な要素の一つとされています。被リンクが多いサイトは検索エンジンから価値あるサイトと見なされ、検索結果上の順位が向上しやすくなります。
しかし、ただ被リンクの数が多ければSEOに良いのかというと、そうではありません。検索エンジンは被リンクの数だけでなく、質についても厳しく判定をした上で評価を行っているのです。
質の高いコンテンツを継続的に提供しているサイトはアクセスユーザーから人気を集めることになり、自然と被リンクを獲得していきます。しかし開設当初のサイトにはなかなかアクセスが集まらないのも事実です。被リンクの獲得に至るまでには、長い期間が必要となることもあるでしょう。そうした場合に焦って被リンクを購入してしまったり、内容のないリンクサービスを利用してしまうと、SEO上ではマイナスになる可能性があります。
大手検索エンジンは過剰なSEO対策に対し、手動ペナルティを行い検索順位を下げてしまうことがあるのです。金銭によって購入された不自然な被リンクや、自動生成サイトからのリンクは、スパム行為とみなされてしまいます。違反行為を行ったサイトは手動ペナルティによって順位が低下するだけでなく、インデックス登録を削除されてしまうこともあるのです。インデックス登録が消えてしまえば、検索結果には全く表示されなくなり、集客そのものが不可能となってしまいます。
検索エンジンが評価するのはSEO効果を狙って意図的に貼られたリンクではなく、自然リンクです。自然リンクが多数集まっているサイトなら、価値あるコンテンツとして適正な評価を受けることができます。
一つ注意したいのは、運営者が作為的に貼ったリンクではなくても、違反行為とみなされる可能性がある点です。自動生成されたスパムサイトから一方的に貼られている場合も、状況によってはペナルティを呼び込む可能性があります。こうしたトラブルを予防するだめには、定期的に被リンクの確認を行い、不審なサイトによるものを否認していくことが大切です。否認の手続きをきちんと行っていれば、手動ペナルティ対象となる心配はありません。
重要なSEO要素、被リンクについてしっかりと対策を行うことがサイトの価値を高めることに繋がります。