• ホーム
  • 手動ペナルティの種類とは?注意しよう!

手動ペナルティの種類とは?注意しよう!

検索エンジンから手動ペナルティを受けると、サイトの評価が低下し検索圏外に飛ばされてしまう可能性があります。どういった行為によって手動ペナルティ対象となるのか、その種類を知っておきましょう。
Google検索エンジンがサイト運営者向けに公開しているガイドラインには、違反行為に関する様々な情報が掲載されています。その中の一つであるクローキングとは、リダイレクトによって検索エンジンとユーザーを違うコンテンツへと誘導する行為です。検索エンジンに対してはSEO対策用のページを表示し、ユーザーにはリダイレクトを行い別のコンテンツを見せる、といった形で行われます。クローキングは不正行為としてペナルティ対象となるため、必ず避けたほうが良い手法だといえるでしょう。隠しリンクや隠しテキストも、悪質なスパムとみなされる可能性が高い行為です。過剰なSEO対策と判断されてしまわないよう、リンクやテキストはユーザーが視認しやすいデザインで配置しましょう。検索エンジンとユーザー、どちらから見ても同様のコンテンツが表示されているサイトを作っていく必要があります。
構造化データマークアップを利用した不正行為も、手動ペナルティの対象となります。構造化データマークアップは、正しく行えばユーザーの利便性を向上する非常に便利な仕組みです。しかし本来の目的とは異なり、実際の内容とは異なるデータを検索結果に反映させる悪質な不正業者も存在しています。意図的にユーザーを混乱させるような形で構造化データを使用すれば、すぐにペナルティ対象となるでしょう。
自動生成されたようなオリジナリティの無い記事、ユーザーの誘導だけを目的として作成された低品質なサイトには、スパム判定を受けるリスクがあります。SEO対策だけを目的として設置された低品質な被リンクも、不正行為とみなされる可能性が高いでしょう。被リンクについては、外部のスパムサイトから一方的に貼られた場合であっても、ペナルティのリスクが生じるといわれています。不審な被リンクがサイトに集まってしまわないよう、定期的にメンテナンスをしてリンク否認を行うことが大切です。
この他にもコンテンツに関連しないキーワードの詰め込みや、リンクプログラムの利用など、様々な行為がペナルティ対象になりえます。ガイドラインでペナルティ対象の種類をよくチェックし、不正とみなされない質の高いサイトを作成することが大切です。