• ホーム
  • SEO受けするサイトの作り方を学ぼう

SEO受けするサイトの作り方を学ぼう

PCの前に考えている人生

サイトの集客力をアップするためには、SEO受けに配慮して様々な対策を行うことが大切となります。SEO受けが良くないサイトは、どんなにコンテンツが充実していても検索結果の上位に表示されにくくなってしまうのです。
どのようなテクニックを使ってサイトを構成すれば、SEOで高い評価を受けることができるのでしょうか。検索エンジンがサイトを評価する基準として、ドメインパワーやコンテンツのオリジナリティ、そしてユーザビリティなどが挙げられます。これらの要素を抑えてサイトを作っていくことが、SEOで有利になるコツだといえるでしょう。
また近年SEOでの重要度が上がった要素として、モバイル表示スピードが挙げられます。
スマートフォンやタブレットからインターネットを利用するユーザーの比率は、年々増加傾向にあるといわれています。このため検索エンジンもモバイルファーストのサイトに対して、高評価を与えやすくなったといわれているのです。パソコン上では問題なく表示できているがモバイルからだと表示スピードが遅い、エラーになってしまうなどのトラブルを抱えたサイトは検索エンジンからの評価が下がってしまうかもしれません。ツールを使用して定期的に表示スピードとエラーをチェックし、必要に応じて修正を行っていく必要があるでしょう。
継続的にコンテンツ更新を行っていくこと、そして更新頻度が適切であることも重要なポイントの一つです。更新頻度が低いサイトには検索エンジンのクローラーが訪れにくくなるため、検索結果でも上位に登りにくくなります。ただしオリジナリティの薄い低品質な記事を頻繁に更新しても、あまり良い結果を得ることはできません。質を重視した上で、オリジナリティのあるコンテンツを定期的にユーザーに対して提供していけば自然と検索エンジンからの評価もアップしていくでしょう。
SEO受けを狙うテクニックの一つとして、クリックされやすいタイトルを付ける、という手法があげられます。タイトルにキーワードを入れるのはもちろんのこと、ユーザーの興味をひくことができるか、クリックされるかといった点に注目をすることが大切です。
SEOの手法を取り入れ、モバイルファーストに配慮してサイトを作成すれば検索エンジンから高評価を受けやすくなります。質の高いサイトを長く運営していけば、徐々にドメインパワーも上昇し、検索上位が射程圏内に入ってくるでしょう。