• ホーム
  • SNSを利用したサイト集客のテクニックとは?

SNSを利用したサイト集客のテクニックとは?

SNS経由でサイトへの集客を促進するためには、どんなテクニックが必要なのでしょうか。SNSの強みは、情報拡散のスピードが非常に速いという点にあります。オンタイムで話題となっていることがすぐに分かる仕組みとなっているため、流行に上手くのることができれば一気に爆発的な集客を実現することも可能でしょう。動画は特に、SNS上で拡散されやすいコンテンツの一つだといえます。一人のユーザーが動画をフォロワーに対して共有し、さらにその情報がシェアされて広まっていく、といった流れがSNS上では頻繁に生じています。
国内に留まらず、世界中に情報が広まっていくという点もSNSが持つ大きな魅力です。人気のある投稿はランキングサイト等でも紹介されるため、さらに広く素早く拡散されていきます。
SNSで集客を行う際には、それぞれのサービスが持つ特徴や集まっているユーザーの傾向について把握しておく必要があるでしょう。Instagramは国内で大きな人気を集める画像SNSですが、シェア機能を備えていないため情報拡散という点ではさほど強くありません。Twitterはシェア機能を備えており、国内で約4000万人のユーザーが利用している大規模なサービスです。海外の画像や動画も頻繁に共有されているため、世界中をターゲットに集客を行いたい、という場合にぜひ注目をしておきたいサービスだといえるでしょう。Facebookの利用者数はTwitterよりもやや少なめとなっていますが、こちらもシェア機能を備えています。検索上位に表示されやすい傾向があるため、Facebookで上手に宣伝を行えば継続的なアクセス増加が期待できるかもしれません。
InstagramやTwitter、そしてFacebookの特徴を抑えた上で活用すれば、効率的にアクセスアップを行うことができるでしょう。SNSは情報拡散のスピードが速いという特徴を持っていますが、それは炎上が広まりやすいということでもあります。炎上をすると一時的にはアクセスが増加することになりますが、良くないイメージを共有されてしまうため、長期的にはマイナスの結果をもたらすでしょう。炎上には一時的なものというイメージがありますが、内容によっては定期的に蒸し返され話題が継続してしまう可能性もあります。長期的な集客を目標とするのなら、炎上対策をしっかり行った上でSNSを活用していくことが大切です。